シミケアの基本のスキンケア-化粧水で水分を補う

シミケアの基本のスキンケア-化粧水で水分を補う

シミケアの基本のスキンケア-化粧水で水分を補う

洗顔後にはスキンケアをしっかりと行うことも大切です。肌をきれいに洗い上げたら、次は水分を補ってあげることが必要です。

 

洗顔後の肌は、皮脂や汚れだけでなく、水分まで洗い流されて、うるおいのないカラカラの状態です。このまま放置すると、すぐカサカサになってしまいます。

 

肌に化粧水で水分をしっかりと補います。そのときの注意したいポイントを挙げてみました。

 

コットンで化粧水をパッティングして塗りこむ人がいますが、これはやめましょう。コットンは、繊維が肌に刺激を与えることがあります。コットンでパッティングするときに、ヒリヒリと感じるようであれば要注意です。手で塗りこむのと比較すると、コットンは肌に刺激を与えています。

 

では、手で化粧水を塗りこむときは、手ではたくように肌になじませます。手でパンパンと叩いたり、擦り込むのはやめましょう。肌を傷めることがあります。

 

化粧水がきちんと肌に吸収されたら、次に保湿剤で保湿を行います。化粧水が肌表面に残っている状態では、まだ化粧水が吸収されていませんので、もう少し待ちましょう。

 

化粧水は肌の水分を補うものです。保湿は、水分を補って肌が吸収してから、その後に行うものです。役割をしっかり認識して使いましょう。

 

スキンケアは毎日行うものですが、肌にとって非常に大切なものです。シミだけでなく、肌トラブル全般につながることですので、正しく行いましょう。

 

保険の見直し
保険の見直しならプロに相談してみよう!

メニュー


メニュー

サイトマップ

Copyright(C) 2016 シミを消すためのいろいろな方法 All Rights Reserved.