シミケアの基本のスキンケア-保湿剤で保湿する

シミケアの基本のスキンケア-保湿剤で保湿する

シミケアの基本のスキンケア-保湿剤で保湿する

洗顔で肌をキレイに洗い流して、化粧水で肌の水分を補ったら、次は保湿剤で水分が失われてしまわないように保湿します。

 

保湿剤には、乳液、保湿ジェル、保湿クリーム、美容液などさまざまなものがあります。自分の肌に合ったものを選んで使いましょう。

 

保湿剤は、特に保湿クリームや美容液などには、美白成分が配合されているものがたくさん出ています。洗顔や化粧水には、特に美白は関係ありませんが、保湿剤は意識して選ぶとよいでしょう。シミを解消するには、美白成分によって効果がもたらされることはあります。

 

ケアするときの注意ですが、ほとんどは化粧水と同じです。

 

化粧水と同様に、コットンは使わないようにしましょう。保湿ジェルや保湿クリームはあまり使うことはないと思いますが、美容液や乳液などを塗るときに使う人はいるようです。コットンは肌に刺激を与えてしまいますので、知らないうちに傷付いていたということがあります。部分的に使うのであれば、目尻や小鼻の脇などはコットンを使うとケアしやすいでしょう。

 

化粧水の後に保湿剤を使いますが、化粧水がまだ肌表面に残っている間は、保湿剤は塗らないようにしましょう。また、手でパンパンと叩かないように、優しく丁寧に塗りましょう。

 

保湿剤は、シミ対策用の美白やシミ消しの商品が、多くのメーカーから出ています。自分に合ったもの、シミ解消に効果のあるものを選んで使いましょう。

 

肝臓サプリメントの効果について
肝臓サプリメントの口コミ@人気ランキング

メニュー


メニュー

サイトマップ

Copyright(C) 2016 シミを消すためのいろいろな方法 All Rights Reserved.