スキンケアがシミの原因になるとき

スキンケアがシミの原因になるとき

スキンケアがシミの原因になるとき

シミの中には、実は自分のスキンケアでできているものがあります。それは、摩擦によるシミです。

 

クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシとこすることで、皮膚に赤いシミができます。これは、摩擦でできた炎症で、血管が見えているのです。

 

この炎症が起きた部分では、有害な活性酸素が発生するのです。メラニン色素には紫外線を防ぐ作用だけでなく、活性酸素を還元する作用があります。

 

そのため、赤い炎症が常にできていると、皮膚にメラニン色素が溜まってしまい、シミになってしまいます。

 

汚れをきれいに落とそうと強くこすりすぎて、肌に刺激を与えて傷付けてしまい炎症が起こると、それがシミになるという皮肉な結果になってしまいます。

 

熱心なスキンケアは、シミを増やしてしまったりという逆効果になることもあります。

 

赤く炎症することが多いという人は、敏感肌や刺激に弱い可能性がありますので、自分の肌について十分に認識することが大切です。

 

基本的に、肌に触れてケアをするのは、長くすればよいものではありません。適度な時間で、刺激は最小限にすることが大切です。スキンケアの後に炎症することがある場合は、何が原因なのかを考えてみましょう。できるだけ早く対処することが、トラブルを発展させないために重要です。

 

痩身エステのおすすめダイエット
二の腕痩せコースのある痩身エステのおすすめランキング!

メニュー


メニュー

サイトマップ

Copyright(C) 2016 シミを消すためのいろいろな方法 All Rights Reserved.